2018年10月FX投稿一覧

NO IMAGE

儲けを生み出すためには…。

デイトレードと申しますのは、丸々一日ポジションを保持するというトレードのことではなく、本当のところはニューヨーク市場がクローズする前に決済を完結させてしまうというトレードのことを言います。知人などはだいたいデイトレードで取り引きを行なってきたのですが、ここ最近はより大きな利益が望めるスイングトレード手法にて取り引きをするようになりました。同じ1円の値幅だったとしても、レバレッジが1倍でしたら1万円の損益なのですが、10倍でしたら10万円の損益になるというわけです。一言でいうと「レバレッジが高くなるほど損失が出る危険性も高まる」わけです。一般的には、本番のトレード環境とデモトレードの環境では、本番のトレード環境の方が「一度のトレードごとに1ピップス前後利益が減る」と想定した方が正解だと考えます。スキャルピングの展開方法は種々ありますが、共通点としてファンダメンタルズに関しては置いといて、テクニカル指標だけを使って行っています。FX口座開設をする場合の審査に関しては、普通の主婦とか大学生でも通過していますので、必要以上の心配をする必要はないですが、重要な要素である「投資の目的」だったり「投資経験」等は、どんな人も吟味されます。5000米ドルを買って保有している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。当たり前ですがドル高に為替が変動した場合には...

NO IMAGE

MT4で動くEAのプログラマーは全世界に存在しており…。

MT4で動くEAのプログラマーは全世界に存在しており、その時々の運用状況であったり書き込みなどを頭に入れながら、更に実用性の高い自動売買ソフトを提供しようとしのぎを削っています。為替の流れも掴み切れていない状態での短期取引では、うまく行くはずがありません。どう考えても一定レベル以上の経験が要されますから、いわゆる新参者にはスキャルピングは止めるべきだと言いたいです。FX取引において、最も人気のある取引スタイルだと言われるのが「デイトレード」なのです。1日単位で手にすることができる利益を堅実に押さえるというのが、この取引方法になります。FX口座開設に関しての審査に関しては、学生あるいは普通の主婦でも落ちることはないので、極度の心配は不必要だと言い切れますが、大切な事項の「投資歴」であるとか「金融資産」などは、きっちりとウォッチされます。スプレッドと称されるのは、外貨取引における「買値と売値の差額」のことを指します。このスプレッドこそがFX会社の儲けであり、FX会社によりその数値が違うのです。FXが日本中で急激に浸透した大きな理由が、売買手数料が驚くほど低額だということです。あなたにFXの経験値がないなら、スプレッドの低いFX会社をセレクトすることも重要だとアドバイスしておきます。レバレッジというのは、納入した証拠金を元手に、最高でその額の25倍の「売り買い」ができるという仕組みを言う...

NO IMAGE

海外FX|スイングトレードを行なうことにすれば…。

トレードの稼ぎ方として、「上下どちらかの方向に値が動く短時間の間に、薄利でもいいから利益を絶対にあげよう」というのがスキャルピングなのです。チャートの形を分析して、いつ売買すべきかの判定をすることをテクニカル分析と称しますが、これさえできるようになったら、「買い時と売り時」を間違うこともグッと減ることになります。チャート調査する上で外すことができないと言って間違いないのが、テクニカル分析です。このページ内で、諸々ある分析法を各々明快にご案内させて頂いております。今では、どこのFX会社も売買手数料を徴収してはいませんが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、これこそが事実上のFX会社の利益ということになります。売りポジションと買いポジション双方を同時に維持すると、円高・円安のどちらに振れても利益を狙うことが可能だということですが、リスク管理の面から申し上げますと、2倍気を配る必要があると言えます。いずれFXトレードを行なう人とか、別のFX会社にしてみようかと考慮中の人を対象にして、日本で営業しているFX会社を比較し、ランキングの形で掲載しました。是非とも閲覧してみてください。スワップポイントにつきましては、「金利の差額」であると言えますが、最終的に獲得できるスワップポイントは、FX会社に支払う手数料を相殺した金額だと考えてください。FXにおいては、「外貨を売る」ということから取引を...

NO IMAGE

海外FX|FX会社というのは…。

FX会社というのは、それぞれ特徴があり、素晴らしい所もあればそうでもない所もあるのが当たり前ですので、ビギナーだと言われる方は、「どこのFX業者でFX口座開設をするべきなのか?」などと頭を悩ませるでしょう。テクニカル分析に取り組む際に何より大切なことは、最優先にご自身にふさわしいチャートを見つけることだと考えます。その後それを繰り返すことにより、自分オンリーの売買法則を見い出してほしいと願います。申し込みにつきましては、FX会社が開設している専用HPのFX口座開設ページを利用したら、15~20分ほどでできるでしょう。申込フォームへの入力が終了したら、必要書類をメールやFAXなどを活用して送付し審査をしてもらうことになります。スキャルピングの正攻法は諸々ありますが、共通点としてファンダメンタルズ関係は排除して、テクニカル指標のみを活用しているのです。スキャルピングについては、瞬間的な値動きを何度も利用することになりますから、値動きがそれなりにあることと、売買回数が非常に多くなりますので、取引に必要なコストが少ない通貨ペアを手がけることが肝心だと思います。FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買うと、金利差に応じてスワップポイントが付与されますが、高い金利の通貨で低い通貨を買いますと、裏腹にスワップポイントを支払う必要があります。チャートの時系列的値動きを分析して、売買...

NO IMAGE

海外FX|チャートの動きを分析して…。

レバレッジがあるので、証拠金が少額だとしましてもその25倍までの取り引きをすることが可能で、かなりの収入も望むことができますが、それに付随するようにリスクも高くなるわけですから、よく考えてレバレッジ設定することが大切になります。MT4をパソコンにセットアップして、インターネットに接続した状態で一日中動かしておけば、遊びに行っている間もオートマチカルにFX売買をやってくれるわけです。MT4というものは、昔のファミコン等の機器と同じように、本体にプログラムされたソフトを差し込むことで、初めてFX取引をスタートすることが可能になるわけです。チャートの動きを分析して、売買する時期の決断をすることをテクニカル分析と呼ぶわけですが、この分析さえできるようになれば、売買のタイミングを間違うことも少なくなるはずです。FXにつきまして調べていきますと、MT4という言葉に出くわします。MT4と申しますのは、利用料なしで利用することが可能なFXソフトで、様々に活用できるチャートや自動売買機能が装備されている取引ツールのことを指すのです。FX会社個々に仮想通貨を使ってのデモトレード(トレード練習)環境を準備してくれています。本当のお金を投資せずにトレード体験(デモトレード)が可能となっているので、先ずは体験した方が良いでしょう。システムトレードと称されるものは、株式やFXにおける自動売買取引のことを指し、...

NO IMAGE

トレードのやり方として…。

スキャルピングと言われるのは、一度の取り引きで1円未満というほんの小さな利幅を狙って、連日繰り返し取引を敢行して薄利をストックし続ける、非常に特徴的な売買手法になります。スイングトレードと言われているのは、その日1日のトレンドが結果を決定づける短期売買と比べてみましても、「従来から相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が肝になるトレード方法だと思っています。5000米ドルを購入して持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然ながらドル高へと進展した時には、即行で売却して利益をゲットしてください。スプレッドという“手数料”は、それ以外の金融商品と比べてみても、信じられないくらい安いのです。正直なところ、株式投資なんかだと100万円以上の売買をすると、1000円程は売買手数料を払わされるはずです。「連日チャートをウォッチするなどということは困難だろう」、「為替にも響く経済指標などを適時適切に確認できない」といった方でも、スイングトレードをすることにすればそんなことをする必要もないのです。スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間でわずかな収益を獲得していく超短期取引のことで、テクニカル指標やチャートを基にしてトレードをするというものです。レバレッジと言いますのは、FXを行なう上で毎回活用されているシステムだとされます...

NO IMAGE

海外FX|FX用語の1つでもあるポジションとは…。

近頃は、どのFX会社も売買手数料は無料となっておりますが、その代わりという形でスプレッドがあり、これが現実上のFX会社の収益だと言えます。システムトレードに関しても、新規にトレードするというタイミングに、証拠金余力が要される証拠金額より少ない場合は、新規に注文することは認められないことになっています。「FX会社それぞれが提供しているサービスの実態を比べる時間がほとんどない」と言われる方も多いのではないでしょうか?こんな方の参考にしていただきたいと考え、それぞれが提供しているサービス内容でFX会社を比較し、ランキング表を作成しました。デイトレードと言われるものは、スキャルピングの売るタイミングと買うタイミングをそこそこ長くしたもので、概ね1~2時間程度から1日以内に決済を終えてしまうトレードだとされます。デモトレードを有効活用するのは、主にFX初心者の人だと考えられるかもしれないですが、FXのエキスパートと言われる人も頻繁にデモトレードをやることがあると言います。例えば新たに考えだしたトレード手法のテストをする場合などです。システムトレードの一番の売りは、全然感情が無視される点だと言えます。裁量トレードを行なう場合は、間違いなく自分の感情が取り引きを行なう最中に入ってしまうでしょう。スワップポイントに関しては、ポジションをキープした日数分付与してもらえます。毎日特定の時間にポジション...

NO IMAGE

海外FX|デイトレードと言いますのは…。

スワップポイントと申しますのは、「金利の差額」だと思っていただければと思いますが、現に頂けるスワップポイントは、FX会社に徴収される手数料を差し引いた額だと考えてください。儲けを生み出すには、為替レートが最初に注文した時のものよりも良い方向に振れるまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」と言うのです。デイトレードと言いますのは、取引開始から24時間ポジションを保つというトレードのことではなく、実際のところはNY市場が手仕舞いする前に決済を完結させてしまうというトレードスタイルを指します。デイトレードというのは、スキャルピングの売るタイミングと買うタイミングをいくらか長めにしたもので、一般的には数時間程度から24時間以内に決済を済ませるトレードのことなのです。トレードの戦略として、「為替が上下いずれか一方向に動く短い時間に、大きな額でなくてもいいから利益をきっちりともぎ取る」というのがスキャルピングというトレード法なのです。今日この頃は多種多様なFX会社があり、会社個々にユニークなサービスを行なっています。それらのサービスでFX会社を比較して、ご自分にフィットするFX会社を見つけ出すことが一番大切だと考えています。MT4をパーソナルコンピューターにセッティングして、ネットに繋いだままずっと稼働させておけば、目を離している間も全て自動でFX売買を行なってくれます。スプ...

NO IMAGE

チャートをチェックする際に外すことができないと言えるのが…。

スイングトレードに関しては、売買をするその日のトレンドが結果を決定づける短期売買と比較してみても、「過去に為替がどういった動きをしてきたか?」といった分析が結果に直結するトレード法なのです。最近は様々なFX会社があり、各会社が特徴的なサービスを実施しています。こうしたサービスでFX会社を比較して、自分自身に相応しいFX会社を選択することが必須ではないでしょうか?売買につきましては、100パーセントシステマティックに完結してしまうシステムトレードではありますが、システムの手直しは定期的に行なうことが必須で、その為には相場観をものにすることが必要です。FX口座開設さえ済ませておけば、現実的に売買を始めなくてもチャートなどは閲覧することが可能ですから、「今からFXの知識を習得したい」などと考えておられる方も、開設すべきだと思います。FX未経験者だとしたら、困難であろうと思えるテクニカル分析ですが、チャートの主要なパターンさえ頭に叩き込んでしまえば、値動きの推測が決定的に容易くなると明言します。スプレッドと称されているのは、取引を行なう際の「買値と売値の差」のことを意味します。このスプレッドこそがFX会社の利益であり、それぞれのFX会社でその設定金額が異なっているのです。FX会社を比較するという場面で大切になってくるのは、取引条件ということになります。FX会社各々で「スワップ金利」等の諸条...

NO IMAGE

テクニカル分析をやる場合は…。

スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間で少ない利益を積み増していく超短期トレードのことで、チャートないしはテクニカル指標を頼りに売買をするというものなのです。FXを行なう上で、外国の通貨を日本円で買うと、金利差に従いスワップポイントが付与されることになりますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うといった場合は、お察しの通りスワップポイントを支払う必要があります。システムトレードと呼ばれているものは、PCによる自動売買取引のことで、スタート前にルールを設定しておき、それに則って自動的に売買を繰り返すという取引になります。スイングトレードと言われているのは、売買をする当日のトレンドにかかっている短期売買とは異なり、「ここ数日~数ヶ月相場がどの様な動向を示してきたか?」といった分析が結果に直結するトレード方法になります。スプレッドと呼ばれるのは、外貨取引における「買値と売値の差」のことです。このスプレッドこそがFX会社の収益となるもので、各FX会社によって表示している金額が違っています。テクニカル分析をやる場合は、基本的にはローソク足を並べて表示したチャートを利用します。初めて見る人からしたらハードルが高そうですが、ちゃんと把握できるようになりますと、本当に使えます。MT4を一押しする理由のひとつが、チャート画面より直に注文可能だということなのです。チャートを確かめている時に、そのチャ...