2018年08月FX投稿一覧

NO IMAGE

レバレッジと呼ばれているものは…。

デイトレードというものは、スキャルピングの売り買いするタイミングを更に長くしたもので、概ね1~2時間程度から24時間以内に決済をするトレードだと言えます。システムトレードでは、EA(自動売買プログラム)によってテクニカルポイントに到達した時に、システムが着実に売買をしてくれるというわけです。そうは言うものの、自動売買プログラムそのものは投資する人がセレクトする必要があります。デイトレードを進めていくにあたっては、どの通貨ペアを選択するかも肝要になってきます。実際問題として、値動きの激しい通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで収入を得ることは無理だと考えるべきです。チャート調べる際に外すことができないと明言されているのが、テクニカル分析なのです。このページにて、多種多様にある分析のやり方を1個ずつ明快にご案内させて頂いております。スキャルピングとは、数秒~数分で数銭~数十銭という利益を獲得していく超短期トレードのことで、チャートないしはテクニカル指標を頼りに売り買いをするというものなので...

NO IMAGE

スキャルピングにつきましては…。

為替の流れも読み取ることができない状態での短期取引ということになれば、リスク管理もできるはずがありません。何と言いましても、ある程度のテクニックと経験が必須ですから、超ビギナーにはスキャルピングは推奨できません。スキャルピングにつきましては、数秒から数十秒の値動きを捉えますので、値動きが顕著であることと、取り引きする回数がかなりの数になりますので、取引をする上での必要経費が小さい通貨ペアを手がけることが大事だと考えます。システムトレードの場合も、新規に注文を入れるという時に、証拠金余力が必要とされる証拠金の額より下回っている状態では、新たにトレードすることは不可能です。スキャルピングを行なう場合は、わずかな値幅でも待つということをせず利益を手にするという考え方が絶対必要です。「まだまだ上がる等とは想定しないこと」、「強欲を捨てること」が大事なのです。デイトレードだからと言って、「日々トレードを行なって収益を得よう」などという考え方はお勧めできません。無理なことをして、結局資金がなくなって...

NO IMAGE

FX口座開設さえ済ませておけば…。

スキャルピングという取引方法は、意外と予想しやすい中期から長期にかけての経済変動などは考慮せず、一か八かの勝負を一時的に、かつ限りなく継続するというようなものだと思っています。スワップというのは、FX取引を実施する際の二種類の通貨の金利の差異により得ることができる利益のことです。金額から見たらわずかなものですが、日毎付与されることになっているので、魅力のある利益だと感じます。システムトレードについては、そのプログラムとそれを間違えずに実行してくれるPCが安くはなかったので、古くは一定の資金的に問題のないトレーダーだけが行なっていました。FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買うと、金利差に見合うスワップポイントを獲得できますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うといったケースでは、全く反対でスワップポイントを徴収されます。デイトレードの魅力と言うと、一日の中で手堅く全ポジションを決済するというわけですから、損益が毎日明確になるということではないでしょうか?スプレッドと呼ばれているのは、トレー...

NO IMAGE

チャートの変化を分析して…。

チャートの変化を分析して、売り時と買い時の判定を下すことをテクニカル分析と称するのですが、この分析さえできるようになったら、売買すべき時期も理解できるようになること請け合いです。FX会社が獲得する利益はスプレッドが齎しているのですが、例えて言うと香港ドルと日本円の取り引きをする場合、FX会社は取引相手に対して、その海外通貨の購入時と売却時の為替レートを適用することになるのです。利益を確保するためには、為替レートが新規に注文した際のレートよりも良い方向に変動するまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするのです。デイトレードと言われるものは、スキャルピングの売りと買いのタイミングをある程度長めにしたもので、一般的には2~3時間から1日以内にポジションをなくしてしまうトレードだと理解されています。MT4用の自動取引プログラム(略名:EA)の製作者は世界の至る所に存在しており、現実の運用状況であるとかリクエストなどを加味して、より利便性の高い自動売買ソフトの開発...

NO IMAGE

海外FX|スキャルピングをやるなら…。

今日この頃は多種多様なFX会社があり、それぞれが特徴あるサービスを展開しているというわけです。その様なサービスでFX会社を比較して、個々人にピッタリくるFX会社を1つに絞ることが非常に重要です。デイトレードとは、スキャルピングの売買間隔をそこそこ長めにしたもので、概ね数時間から24時間以内に手仕舞いをするトレードだと指摘されています。MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面から直接的に発注可能だということなのです。チャートを確かめている時に、そのチャート上で右クリックすると、注文画面が開くのです。スキャルピングをやるなら、少しの利幅でも着実に利益をあげるという心構えが必要だと感じます。「更に高騰する等という考えは捨てること」、「強欲を捨てること」が重要です。FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買うと、金利差に従ってスワップポイントを手にすることができますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うような時は、お察しの通りスワップポイントを徴収されることになります。チャートの方向性が明確にな...

NO IMAGE

海外FX|売り値と買い値に差を設けるスプレッドは…。

スキャルピングのやり方は諸々ありますが、どれもこれもファンダメンタルズ関連については置いといて、テクニカル指標のみを利用しているのです。デイトレードというのは、24時間という間ポジションを保つというトレードだと思われるかもしれませんが、実際のところはニューヨーク市場が手仕舞いされる前に決済を行うというトレードのことを指しています。5000米ドルを買って所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当然のことながらドル高に振れた時には、売り払って利益をものにしましょう。売り値と買い値に差を設けるスプレッドは、FX会社は当然の事銀行でも異なる呼び名で導入しています。しかも驚くことに、その手数料たるやFX会社の180~200倍というところがかなり目に付きます。デイトレードを実践するにあたっては、どの通貨ペアをセレクトするかも非常に重要な課題です。正直言って、値幅の大きい通貨ペアを選定しないと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは難しいと言...

NO IMAGE

金利が高い通貨だけを買って…。

デモトレードをスタートする時は、FXに必要とされる証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、ご希望の金額分仮想マネーとして準備してもらえます。チャートの変化を分析して、いつ「売り・買い」すべきかの判定をすることをテクニカル分析と呼びますが、このテクニカル分析ができるようになったら、「売り時」と「買い時」を外すことも少なくなるでしょう。実際的には、本番トレード環境とデモトレード環境を比べてみると、前者の方が「トレード毎に1ピップス程度儲けが減る」と心得ていた方が正解でしょう。今の時代様々なFX会社があり、各会社が独特のサービスを実施しています。そのようなサービスでFX会社を比較して、自分にマッチするFX会社を見つけ出すことが何より大切になります。金利が高い通貨だけを買って、その後保有し続けることでスワップポイントを手にすることができるので、このスワップポイントだけを得るためにFXに頑張っている人も多いようです。MT4は現在一番多くの方に駆使されているFX自動売買ツールだということで、自動売買プログ...

NO IMAGE

スイングトレードで儲けを出すためには…。

FX口座開設時の審査については、学生であるとか専業主婦でもパスしますから、極端な心配は不要ですが、大事な項目の「投資歴」や「金融資産」等は、きちんとチェックを入れられます。デイトレードにつきましては、どの通貨ペアをセレクトするかも非常に大事です。当然ですが、値幅の大きい通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで資産を増やすことは不可能でしょう。僅か1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍なら1万円の損益なのですが、10倍ならば10万円の損益になるわけです。簡単に言うと「レバレッジが高い倍率になればなるほどリスクも高くなってしまう」のです。FXに取り組む場合の個人限定のレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍だったことを思いますと、「現代の最高25倍は低い方だ」と主張している人が存在するのも当たり前ですが、25倍だと言えども満足な利益を得ることができます。スイングトレードで儲けを出すためには、そうなるだけの取り引きの進め方があるのですが、それについてもスイングトレードの基本を理解した上で...

NO IMAGE

トレードをする日の中で…。

近頃は、どのFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、それに代わる形でスプレッドがあり、このスプレッドというものこそが事実上のFX会社の利益になるわけです。FX会社が得る収益はスプレッドにより生み出されるのですが、例を挙げれば英国ポンドと日本円の売買の場合、FX会社はご依頼主に向けて、その海外通貨を購入する時と売却する時の為替レートを適用するのです。FX口座開設をすること自体は、無料の業者ばかりなので、もちろん時間は必要としますが、複数個開設し現実に利用しながら、ご自身にピッタリのFX業者を絞り込みましょう。MT4が便利だという理由のひとつが、チャート画面上から直ぐに発注可能だということなのです。チャートを眺めている時に、そのチャートの部分で右クリックすると、注文画面が立ち上がる仕様になっています。証拠金を投入してある通貨を購入し、そのまま保有している状態のことを「ポジションを持つ」と言うのです。逆に、保有している通貨を約定することを「ポジションの解消」と言うわけです。トレー...

NO IMAGE

FX会社を比較する時に大切になってくるのは…。

FXを行なう上での個人対象のレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍だったことを思いますと、「現代の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる人がいるのも不思議ではありませんが、25倍だとしてもきちんと利益をあげることはできます。スプレッドに関しては、FX会社により異なっていて、あなた自身がFXで儲けを出すためには、買いと売りの為替レートの差が僅少である方が有利に働きますから、そのポイントを頭に入れてFX会社を決定することが大事だと考えます。スワップポイントについては、「金利の差額」であると説明可能ですが、実際的に付与されるスワップポイントは、FX会社に支払う手数料を除いた額となります。システムトレードと呼ばれているものは、PCによる自動売買取引のことで、取り引きをする前に規則を決定しておき、それに則って自動的に売買を継続するという取引なのです。MT4にて稼働する自動売買ソフト(EA)の製作者は様々な国に存在しており、現実の運用状況又は意見などを踏まえて、更なる使い勝手のよい自動売買ソフトを提...